2015年03月23日

【宮本和知】再婚だけど亭主関白!年下の嫁と大豪邸に暮らすも、また離婚するかも?

巨人の宴会部長というか、選手会長というか、ズムサタのレポーターとしてプロ野球引退後の活躍が輝かしい宮ちゃんこと宮本和知
名前に「口」がいっぱいあるから、口が非常に達者なコメンテーターとして、いい味出していますね。
ズムサタは、だんだんうざい感じになってきましたが、一生を読売グループに捧げている潔さが素敵です。
下関工業高校出身で、川鉄水島でも活躍した宮本和知投手は、そんなに頭はいいはずではないのですが、頭の回転が早いんでしょうかね、バカさを感じさせないトーク力があります。
野球選手であそこまで話すことが出来ればセカンドライフの安泰ですね。
野球解説者というよりは、タレントとして成功しました。


Amazonアソシエイト


そんな宮本さんですが、私生活では1度離婚をしていますね。
子供もいたような気がするのですが。
長女は離婚する時に、宮本の方が引きとったような記憶がありますが、違いましたっけ?
息子もいたんだっけ?と、記憶が曖昧ですが、嫁とはうまく行かなかったんですよね。
嫁の浮気なのか、宮本の浮気なのか、その両方だったのかわかりませんが、宮本も元嫁ももてるタイプですから、仕方ないのかな?




スポンサードリンク

Ads by google


そんな宮本和知も、再婚して楽しい人生を送っているようです。
今の嫁は、12歳年下の若柳きららさんですね。
日本舞踊家が妻って、かなりかっこいいですが、12歳年下っていうのも、ちょっと羨ましいような気がします。
うちは、かなり嫁の方が年上ですからね。
でも、宮本も年齢が50歳になるんですね。でも、嫁は38歳。やはり、それはそれでちょっと羨ましい。
そして、宮本が自宅では、かなり偉そうにやっているようです。
まさに、亭主関白で嫁がかわいそうになります。
栗田貫一が大沢さやかに対してモラハラをしていることで炎上しましたが、テレビで宮本夫妻の生活が明らかにされたとき、炎上しないことを祈ろう。
やはり、妻は夫を支え、夫は妻に愛情をもって接しないと、宮本も2回目の離婚が待っているぞ!
なかなかの大豪邸で生活をしているということは、お金に余裕がありそうですので、離婚しにくい感じなんですかね?
離婚しても、人生が終わるわけではないけど、できればしないほうがいいんでしょうね。



再婚した若柳きららさんとの間にも子供がいて、前妻との娘は25歳くらいになっているようです。
巨人時代は、左腕から繰り出される大きなカーブと、切れのいいストレートで66勝もしたピッチャーで、大事なところで勝てたピッチャーだったという印象があります。
そんなにすごいピッチャーでもなかったけど、振り返ってみると長きに渡って活躍しましたよね。
私生活でもやんちゃで、やっぱりすごい方だったんだと感じさせます。
それだけに、妻は大事にしないとダメだよ〜って言いたくなります。

これからの宮本和知の進化を楽しみにしたいと思います!



スポンサードリンク
Ads by google


励みになりますので、ときどき1クリックお願いいたします!

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ   にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  


posted by ぽめお at 09:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | バラエティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。