2015年04月02日

【萩本欽一】障害者への差別発言の真相は?ファミリーヒストリーでは父のカメラ業が登場!

日本を代表するコメディアン、萩本欽一さん。
欽ちゃんは、「欽どこ」「欽どん」の時代は、本当に良く見ていました。
ビートたけしや明石家さんまの笑いとも、ドリフターズとの笑いとも違う、独特な欽ちゃんワールド。
小堺一機、関根勤のコサキンは、あの時若かったですね。
わらべも、三栄晴も、欽ちゃんファミリーですね。


Amazonアソシエイト


そんな萩本欽一さんが、NHKのファミリーヒストリーに登場するようです。
欽ちゃんの妻は、真屋順子ではないですが、本当の萩本欽一さんの家族はどんな感じなんでしょうかね?
欽ちゃんを育てた父親は、戦後、小豆島で小さなカメラを開発していたようです。
でも、そんなカメラはなかなか売れなかったようで、お母さんが本当の欽ちゃんファミリーを支えていたようです。
コメディアンになりたかった欽ちゃんと、お笑いの世界を反対していた欽ちゃんのお母さん。
今の芸人さんと親の関係にも、こんな光景がありそうなのですが、萩本一家はどんな家族だったのか、非常に興味があります。




スポンサードリンク

Ads by google


最近は、一時に比べてテレビに登場することが少なくなった欽ちゃん。
茨城ゴールデンゴールズの監督業からも少し足を引いて、芸能界での存在感が薄い感じになってきています。
何とか、欽ちゃんの仮装大賞は続いていますが、なかなか視聴率的にも厳しくなってきていることでしょう。
時代は変わっていきますからね・・・。
「萩本欽一」と検索すると、「障害者」なんていうキーワードが出てくるので、ちょっと気になりました。
欽ちゃん自体が、障害者になってしまったのか?なんて思ってしまいましたが、障害者への差別発言などがあったような噂が書かれていました。
何かと偉そうに振舞うこともある欽ちゃんですから、それを老害だと言って良く思わなかった人もいたかもしれませんが、まぁ、時には変な噂を流されてこそ大物です。
障害者への差別発言は、本当でも嘘でも、気にしませんよ、私は。
かつて24時間テレビの司会をやったことがある欽ちゃんは、まともに障害者を差別をするような人だとは思えません。
発言が過激に聞こえることはあるタイプだと思いますけどね。

茨城ゴールデンゴールズにも所属していた極楽とんぼの山本が事件を起こしたので、関連してダーティーなイメージを持った人もいないことはないでしょう。
だからと言って、障害者のことを差別したり、障害者の人に手を出すようなことは、あってはならないし、もしそんなことがあったら、芸能界に残れないどころか、ファミリーヒストリーにも出演できないことでしょうから。
あ、芸能界には残れなくなりつつある状況なんでしたっけ?

まぁ、一時代を築いた欽ちゃんは、確実に欽ちゃんブランドとして、私たち世代には強烈な印象を残しました。
いつまで生きているかわかりませんが、あと10年くらいは生きると思いますので、それから次第に忘れ去られて、お笑いの世代も徐々に変化していくものでしょう。
でも、まだ欽ちゃんのお笑いは、心の中に残っていますね。

今年から、駒澤大学に通うようになった欽ちゃんは、大学にちゃんと行っているんでしょかね?
大学生も、萩本欽一と言ってもピンとこない世代かもしれません。
むしろ、大学生の親世代は、萩本欽一と近い年齢なので、ドキドキしてしまうかもしれませんね。
駒澤で4年間しっかり学んで、もう一花咲かせてもらいたいものです。
そして、再び24時間テレビの司会でも・・・。
それはないかな?24時間テレビのギャラも気になるところですが、イメージが合わない。



萩本欽一さんの、残りの人生はどんな風になるのか、楽しみです。
真屋順子よりは長生きしそうですが、自分自身が障害者にならないように、一生懸命勉強をするんでしょうね?

ファミリーヒストリー、楽しみに見たいと思います!





スポンサードリンク
Ads by google


励みになりますので、ときどき1クリックお願いいたします!

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ   にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  


posted by ぽめお at 21:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。