2015年05月14日

【笑喜久文】漏水防止のプロフェッショナルは東京都水道局のイケメンおじさん?

私たちが安心して水道水が飲めるというのは、当たり前のようですが、すごいことなんですよね。
世界では、水道水が飲める国って、そんなに多くないのではないかと思います。
東南アジアとか中国に旅行しても、水道水を飲むことはないですよね。
日本でも、水の宅配などのビジネスも多くなってきて、ミネラルウォーターを愛飲してしている人も多いと思いますけど、水のありがたみに感謝であります。


Amazonアソシエイト



さて、東京都の水道事業を行っている東京都水道局。
地味ながらも、実に重要な技術を持っていることは、知ってる人は知っているけど、知らない人は全く知らないでしょう。(当たり前ですが)
水道管は劣化すれば、漏水しますが、漏水せずにちゃんと水道が使えることは、すごいことなのです。

東京都の水道局で働いている笑喜久文さんは、水道技術者です。
すごい苗字で、珍名さんですね。
ご先祖さまは、いつも笑っていて喜んでいたことが、容易に想像できます。
にこやかなのは、いいことです。
プロフェッショナル仕事の流儀に出演する笑喜久文さんの、漏水防止技術はどんなものなのでしょうか?
クラシアンさんも水のトラブルに対応する業者さんも必見の番組です。





スポンサードリンク

Ads by google


この笑喜さんは、東南アジアのミャンマーに派遣されて、ミャンマー人のために水道を整備する仕事もしているようで、この様子がテレビで紹介されます。
ご家族は、喜んだり笑ったりしながら、誇らしげに見ることになる展開になるでしょうね。

水道が漏水せずに使えるためには、どんなことが必要なのでしょうか。
水道管の金属疲労で、穴が開いたり、つなぎ目から漏れたりすることも、0にはならないのですが、東京都は先進国の中でも高い漏水防止率を誇ります。
日頃からのメンテナンスをしっかりやった結果が世界トップレベルの漏水防止率になっているのでしょう。
さて、ミャンマーではどんな感じの漏水防止率で運用しているんでしょうかね。
統計データもなさそうではありますが、水道が使えるといいですね・・・。
番組の予告を見ると、漏水を発見するところに、職人技が使われているようで、この技術の伝承なども今後の課題となっていくでしょう。



東京都水道局の努力の様子を、プロフェッショナル仕事の流儀でチェックしたいと思いますが、今日も一日、水道水が使えることに感謝したいと思います。
我が家は東京都水道局のお世話になっていませんが、何か問題でも?

【補足】
プロフェッショナル仕事の流儀の動画を見たら、この笑喜久文さんの顔がなかなかイケメンでいい表情をしているおじさんであることを、補足しておきます。




スポンサードリンク
Ads by google


励みになりますので、ときどき1クリックお願いいたします!

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ   にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  


posted by ぽめお at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 水道水 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。