2015年05月17日

【深町貴子】水耕栽培の園芸家、NHK「趣味の園芸」からマツコに昇格?ハーブの魔術師か?

NHKの趣味の園芸でお馴染みの、園芸家の深町貴子さん。
NHKとTBSとでは、どちらが格が上と見るのかは人それぞれですが、ついにマツコの知らない世界に登場するようです。
水耕栽培のスペシャリストの深町さん。


Amazonアソシエイト


このブログのテーマを設定する時は「テレビ」にしようかと思いましたが、一応「美女」にしておきます。
年上好きの殿方にすると、ちょっと魅力的なお姉さまという印象の深町貴子さん、マツコにどんな世界を紹介するのでしょうか?
できれば、NHKのテイストを残したままで、攻めたいところですが、TBSのプロデューサーだかディレクターの意向もあって、派手な演出がされることでしょう。
食べ物を扱わないマツコの知らない世界は視聴率が低いというジンクスを打ち破れるか!?深町さん。





スポンサードリンク

Ads by google


さて、深町貴子さんは、園芸家として有名なのですが、たくさん本を出版していることでも知られています。
本が売れる理由の一つとして、笑顔が爽やかなことが挙げられます。
園芸には顔は関係ないとは言え、やはり本を買うとなると、ちょっとかわいい人の本の方が購買力が高いですからね。
深町さんのご出身は、いろいろな事件がおきたり、吉田屋の火災など、ちょっとイメージが悪い川崎市です。
出身大学は、名門・東京農業大学の短大部だそうです。
大根踊りを身近に見てきた深町貴子さんは、若いときには絶対に農大男子にもてたと思われます。
学生の時から、園芸に興味があったのですね。
私も東京農大には憧れていた頃はありましたが、バイオテクノロジーの研究では最先端を行っています。
醸造科には造り酒屋の跡取りとかがいるらしいですね・・・。



今では、NHKで顔を売り、本を出版して、グリーンショップの経営をもして、そして、マツコの知らない世界にも出演するという好循環で自分をPRしています。
まさに、人間水耕栽培であります(謎)。
農業をやるとなると、なかなか手間がかかることですが、「園芸」っていう言葉がいいんでしょうね、気軽な感じで。
ハーブを育てたり、家庭菜園なんていうと、ちょっと簡単に始められそうですし、「趣味の園芸」って誰でも出来そうな雰囲気があります。
そこをしっかりと攻め込んだ深町貴子さん。
トーク力も高いので、マツコの知らない世界にもぴったりな人選だと思います。
これで、園芸を始める人も出てきて、そして本もまた売れていくという展開が予想されます。


よし、私も、園芸を始めよう。






スポンサードリンク
Ads by google


励みになりますので、ときどき1クリックお願いいたします!

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ   にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  


posted by ぽめお at 16:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美女 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。