2015年05月20日

【香川伸行】生活保護を受けても選挙に出馬し、透析しながら闘病生活の引退後が壮絶すぎる!

記憶にも記憶にも残るプロ野球選手は多いですが、ドカベン香川伸行さんもその1人。
「記憶には残っているけど、記録はそんなことではないだろ!」とツッコミを受けそうですが、プロ10年の生活で78本のホームランを打っている選手は、実はそんなに多くないんですよ。
プロで10年も続けられる選手だって多くないのですから。
しかも、ベストナインにも選ばれたこともあります、香川伸行


Amazonアソシエイト


まぁ、それでも、記憶の方が強烈に残る選手と言っても過言ではないでしょう。
牛島とのバッテリーで浪商は甲子園を沸かせたようですし、ドカベンのモデルとしても有名ですし、珍プレー好プレーでの常連でもありました。
ただ、走っているだけでも、効果音をつけられて、ドタドタバタバタ走る様子がユーモラスでした。
減量を命じられて、苦労した時もありましたが、プールの中でダイエットに励んでも、効果が無かったですね。
ただの食べすぎによるデブというよりも、病的に太っていましたからね。
晩年は、ますます太りましたし、引退後も全く痩せた様子が無かったような印象があります。
でも、愛くるしい笑顔は現役時代から変わりませんでした。





スポンサードリンク

Ads by google


亡くなったのは、2014年9月26日で、あまりにも早すぎる死でしたが、TBSの壮絶なドキュメントで登場するようですので、ドカベンの妻にも注目したいと思います。
香川さんは、3回結婚しているので、番組に出るのはどの妻でしょうかね?
おそらく、3回目に結婚した奥さまだと思いますけどね。

以前、何かの番組では息子さんもテレビに出たような記憶があります。
プロ野球選手の息子と言うと、どうしても野球センスがあるかないかを質問されますが、香川さんの息子も野球をやっていたと思います。
その息子は、どの奥さんの時の息子さんだったのか分かりませんが、もう大きくなっているでしょうね。
今でも、野球を続けているのかな?
お父さんよりも、上手になってほしいと思います。

南海と福岡ダイエーでプレーしたドカベン香川さんではありますが、引退後も人気者でした。
しかし、人気だけでは生活ができません。
讃岐うどんを販売するお仕事をしたのですが、なかなかうまくいきませんでした。
そこで、多くの借金もあったのかもしれません。
ビジネスという面では、あまりうまくいきませんでしたが、その後、居酒屋の経営を試みるも、そこでもあまりうまく行かなかったようです。
相当、苦労をしましたが、それでも頑張っていた様子は、何度かテレビで紹介されました。
そして、やはり健康面でも苦しんだことが知られていました。
多くの脂肪が内臓に蓄積して、腎臓も肝臓も脂肪が付着したような印象、皮下脂肪の塊のような姿には少し心配していました。
腎不全で人工透析もしていたようなのですが、透析生活は本当に生活に制限ができてしまいましからね。
昔よりは透析の技術も向上しているとは言え、しっかりろ過をしないと、生きていけないのは本当につらかったと思います。

お金に苦しんで、生活保護も受けるような状態だったことも知られています。
家も競売に掛けられて、資産もなくなり、生活できなくなるには一瞬なんですね。
生活保護のチェックが甘いことは社会問題にもなっていますが、それでも、生活保護を受ける状態にまで転落した人生。
でも、稼ごうとして、選挙に出馬することも考えて、最後まで戦おうとしました。
しかし、心不全で亡くなりました。
病魔との闘いには勝てませんでしたが、太くて短いドカベンの人生は、本当に壮絶でした。
それを支えた奥さま、前の奥さま、前の前の奥さま。
そして、息子さんもいろいろと努力をしてきたでしょう。



TBSでは、どんな姿が紹介されるのでしょうか。
香川伸行さんを偲んで、番組を見てみようと思います。





スポンサードリンク
Ads by google


励みになりますので、ときどき1クリックお願いいたします!

にほんブログ村 家族ブログ 子供なし夫婦(夫婦二人)へ   にほんブログ村 家族ブログ 主夫へ  


posted by ぽめお at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。