2015年03月27日

【アンドレアス・ルビッツ】パイロットになる夢を叶えるも心筋梗塞か?ドイツのイケメンに何が?

ドイツのLCC、ジャーマンウイングスの副操縦士、アンドレアス・ルビッツ(Andreas Lubitz)さん。
亡くなってしまった今、ボイスレコーダーの音声が残されていますが、機内では何が起きたのでしょうか?
年齢は28歳で、ドイツ人らしいイケメンさんで、近所の人は「ジョギングをしていて、いいお兄さんだった」みたいなコメントをしていますね。
ルフトハンザ航空の会見でも、パイロットとしての検査にも合格していて、もちろん健康にも問題がないという発表をしていました。


Amazonアソシエイト


でも、副操縦士のアンドレスさんだけになったコックピットで何が起きたのか、謎は深まるばかり。
操縦士さんは、トイレのためにコックピットの外に出ていた可能性が高いのですが、その後に、コックピットの扉は開くことが無かったのです。
9月11日の事件の後には、飛行機の扉もセキュリティの観点から、外部から簡単に開くような仕組みにはなっていないように変わったので、外から強引に入ることもできなかったのですね。
機内にチェーンソーがあるわけでもないですので、本当にコックピット内からしか開けられなかったのですね。
続きを読む




posted by ぽめお at 08:48 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年03月14日

【前園泰徳】妻は雪だるま作りが上手!かわいい菅原みわさんと環境教育を究める!

福井大学大学院の教育学研究科の前園泰徳特命准教授。
勝山市で環境保全推進コーディネーターとしても活躍していました。
北陸新幹線の開通で、いろいろと北陸が注目を集めていますが、とりあえず富山県と石川県は盛り上がっていますね。
関係ないのが、福井県という事で、北陸の地理が再認識できたという人も多いでしょう。

この福井大学の前園泰徳准教授は、環境教育を研究している研究者のようです。
赤とんぼって、最近、都心では見ることが少なくなってきたのですが、勝山市ではその赤とんぼを見かけることも多いようです。
田舎だからと言ってしまえばそれまでかもしれませんが、この地域の魅力を伝えていき、赤とんぼにとっても人間にとっても住みやすい生活環境を提案しています。


Amazonアソシエイト


いろいろな事件が多い最近ですが、住みやすいことはとても生きていく上でとても重要なことですからね。
地域のことが好きになって、子どもの頃から地域を愛していけば、大学で流出した福井県の学生がUターンで戻ってくる可能性も高くなりますから、そんなことを教育しているようですね。

環境教育の重要性は、ますます重要になっていきますので、前園泰徳特命准教授のような教育者がとても望まれているのではないかと思われます。
ITのことが分かっている先生とか、環境教育のことをしっかりと学んでいる教育者って、なかなか少ないのが今の教育界の課題だと思います。
続きを読む


posted by ぽめお at 10:32 | Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年02月25日

【上村遼太】父親は島根で漁師、母親の職業は看護師。離婚しても川崎で仕事していたのかな?

川崎で発生した悲しい事件。
中学1年生の上村遼太さんのご冥福をお祈りしたいと思います。
事件のことは、ネットやテレビのニュースで報じられているようなので、家族のことについて、書いてみたいと思います。
プライベートを明かすとか、そんなことは思っていないのですが、社会問題がいろいろなところにあるんだという事を考えてみたいと思います。

上村遼太さんの父親と母親は、5人の子供がいたそうです。
上村遼太さんが、上から二人目だそうですが、兄弟もさぞかし悲しんでいることでしょう。
テレビでは上村遼太さんの祖母が出てきていましたが、心無いインタビューをする人がちょっと悲しかったです。
いつ5人の子供を出産したのかは分かりませんが、お父さんは仕事を求めて、家族と共に島根県の隠岐にある西ノ島で漁業の仕事をするために引っ越したようです。
漁師という職業は、男らしくてかっこいいという印象もありますが、肉体労働であるし漁ができないと経済的にも苦しいし、決して楽な仕事ではありません。
この漁師になる前には、どんなお仕事をしていたのか分かりませんが、なかなか苦労することもあったでしょう。


Amazonアソシエイト


それでも家族のためにがんばっていたのではないかと思います。
隠岐は風光明媚な観光地としても知られていて、観光・漁業・畜産の産業が中心です。
西ノ島町のホームページを見たら、漁業を経営する会社が漁師の募集をしていました。
家族での移住やIターンの募集は、いろいろな漁村で行われていますが、西ノ島町も後継者不足や労働者不足に直面していて、求人を出しています。
しかし、西ノ島町のホームページに掲載されていた浦郷水産さんの場合は、網船の乗組員の漁師の仕事で月給は手当てを含めても24万円弱で少しの地域手当が追加される程度です。
家賃や生活費は、都市部の生活よりも少なくなりますが、それでもなかなか厳しい経済環境だったかもしれません。
自然の素晴らしさは、プライスレスでしょうけど。
続きを読む


posted by ぽめお at 11:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年10月24日

【舘林純子】嫁姑バトル!姑に作っていたカレーを流し台に捨てられ、エキサイト!

いつの時代も、嫁VS姑のバトルはありますね。
最近は仲良しの嫁と姑もいるとは思いますが、やはり、基本的には嫁と姑は仲が悪いです。

そして、東京の国分寺で、激しいバトルがありました。
主婦の舘林純子さん(33歳)の作っていたカレーを、姑が鍋ごと流し台に捨ててしまい、バトルが勃発しました。

cooking.jpg
credit: Brian Noneya via FindCC


せっかく作っていたカレーを流し台に捨てるなんて、なんて姑だ!

続きを読む


posted by ぽめお at 07:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年10月23日

【マザン】広島のSMバーに政治活動費を支出。。宮沢洋一経産相は行っていないらしい。

小渕元経済産業大臣の後任の宮沢経済産業大臣。
なかなか落ち着いていて、いい政治家さんだと思ったら、SMバーなんて言う書きにくいネタを持ってきてくれました。
miyazawa.jpg

(時事通信さんのニュースより)


政治家の交際費は、なかなか高額だと思うのですが、その支払先がSMバーとなると、ちょっと気になりますね。
先ほど、インタビューを受けていた宮沢経産相は「私は行っていない」と、言っていましたけど、宮沢氏の資金団体「宮沢会」が広島市のマザンと言う「SMバー」に、政治活動費を支出していたことが政治資金収支報告書で分かったようです。交際費名目とのことですね。

宮沢大臣は「事務所の関係者が誤って、政治資金として支出したようだ」と言っていましたが、マザンって書いてある報告書は、地味でしたね。


続きを読む


posted by ぽめお at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年10月13日

【横浜市】災害情報のメールが来た!避難準備情報を発令するもホームページにアクセス集中してダウン!

台風19号の接近をものともせずに、キングオブコントが始まりました。
そして、横浜市では、土砂災害の発生の可能性が高い地域(約200か所)に対し、避難準備情報を発令したようです。
私にも、ちゃんとメールが届きました!

そして、横浜市のホームページは、予想通り、ダウンしていますよ。
これは、想定内です。

yokohama.jpg


うちのすぐ近くにも崖があるので、崩れてこないか心配です。
まぁ、こうして通報を出す前には、サーバも増強しないといけませんね、横浜市も。

多くの横浜市民が、メールを見て一斉にアクセスしたのかなぁ。
ホームページも雑に作っていて、先週の台風18号の被害の後、必死で作った様子が伺えます。
がんばれ、横浜市。
税金をたくさん払っているんだから、ちゃんと仕事してくれ、公務員!
せめて、サーバは落とすな。

続きを読む


posted by ぽめお at 20:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。